インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

実力があれば評価されて当たり前と思っていないか?【人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている】

 

 

おはようございます!

インテリとゴリマッチョの二刀流を目指すサラリーマン、むっちょです。

 

今回は

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている(ふろむだ)

を解説していきたいと思います。

 

 

 

 

本書の紹介

 のべ数百万人に読まれた大人気ブログ「分裂勘違い君劇場」の著者、ふろむださんによって書かれた本。人生で成功するためには必ず必要な「錯覚資産」について詳しく書かれている。

 

私が本書を手に取った理由

 

・営業職において錯覚資産を築くことは重要であると考えたから。

 

本書の感想や得た学び

錯覚資産の説明

 錯覚資産とは「他人が自分に対して持つ、自分にとって都合のいい思考の錯覚」です。心理学の用語を用いれば「ハロー効果」や「認知的不協和」「ヒューリスティック」といった言葉で表すことができます。この錯覚資産の例としては学歴や職歴、容姿などが挙げられます。

 

錯覚資産の重要性

 錯覚資産を持っていると、バイアスがかかり実力以上の評価を得ることができます。例えば「イケメンだから運動もできるはずだ」や「東大卒の人がおすすめする本は面白いはずだ」「Googleで働いてたことがあるなら仕事ができるに違いない」といった具合です。こんなことを言うと「錯覚資産で出世した未来は悲惨だ。実力で上がっていく方がよい」という人がいるかもしれません。しかし錯覚資産を持つことは実力の向上にも影響を及ぼします。というのも錯覚資産により出世していい環境で働くことができれば実力も向上していくからです。そして実力がつくと錯覚資産も上昇していきます。こうして成長のスパイラルが創られていくのです。

 しかし現在の人事制度ではこの錯覚資産に惑わされず評価する必要性が述べられています。しかしこれは本当に可能なのでしょうか。思考の錯覚というものは本来、危険から身を守るため人間にプログラムされたものです。そのプログラムをいとも簡単に壊すことは難しいと私は思います。

 

人は「一貫性、原因、結論」を過剰に求める

 このことを知っていれば人生を有利に進めていくことができます。まずは自分の思考の錯覚に気付くことができるということ。思考の錯覚をすべて防ぐことはできなくても、思考の錯覚の存在を知っていれば、一歩立ち止まって適切な判断を下すことができるようになります。そして他人の思考の錯覚を利用することができるということ。人間は常に正しい判断をしているわけではありません。錯覚資産を気づき、自分は有能だと思ってもらえれば、さらなる成長の機会を手に入れることができるようになります。

 

 

今後の行動

配属先に着任してから3か月以内に数字を伴う成功をする。

・錯覚資産の一つ容姿を磨くため筋トレにもっと力を入れる。

 

メモ

判断が難しいとき、人間は考えるのを放棄して、直観に従ってしまう。しかし、判断が難しときこそ、直観はアテにならない。 なぜなら、判断が難しいときに直観が出す答えは、思考の錯覚に汚染されていることが多いからだ。

 

人間は、「一貫して偏った間違った物語」に説得力を魅力を感じる。反対に「バランスの取れた総合的な正しい判断」は、説得力がなく、退屈で面白くないと感じる。