インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

ビジネススキルとしての心理学【図解 心理学大全】

 

 

おはようございます。

インテリとゴリマッチョの二刀流を目指すサラリーマン、むっちょです。

 

今回は

図解 心理学大全(植木理恵

を解説していきたいと思います。

 

 

 

 

本書の紹介

 実際の生活で活かすことができる心理学について書かれた本。テクニックとしての学びはもちろんのこと自分自身や周りを理解するために必要なことも学ぶことができます。

 

私が本書を手に取った理由

・人の心を理解することはビジネスにも必要不可欠なことであると考えたから。

 

本書の感想や得た学び

心理学を仕事に活かす

 私は大学時代、心理学を学んでいました。そのためフットインザドアやドアインザフェイス、ローボールテクニックといった心理学的テクニック?も知っていました。ただ私はこういった人の罪悪感を利用するようなテクニックは普段の生活で利用すべきではないと強く考えています。これは私の持論なので賛否両論あるかもしれません。ただ昔に比べて心理学が大衆化した今、むやみに人を操るようなテクニックをしようしないほうがいいと思います。

 このような考えがあったため私は心理学と実生活を結び付けることに少し苦手意識を持っていました。ただこの本を読んで無駄ないざこざをなくすための心理学はいいものだなと考えるようになりました。いくつか実際に活かせそうなライフハックを紹介します。

・会議で対面は敵対、隣は友好関係を築きやすい。

・心象を悪くさせず断るためにイエス・バット法や条件付き賛成話法を使う。

・人の不満は心に留めておくと日々無駄に増大するため、その日に聞き出すようにする。

・ハロー効果の重要性を理解して、自分の第一印象や雰囲気を良くするよう努める。

 

今後の行動

・心理学についてもう少し詳しく勉強する。

 

メモ

「行動という梯子を上れば、塀の向こうの自分が見える」

感情から行動が生まれるのではなく、行動によって感情が引き起こされるという例え。