インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

21世紀の生き方【21 Lessons】

 

 

おはようございます!

インテリとゴリマッチョの二刀流を目指すサラリーマン、むっちょです。

 

 

今回は

21 Lessons(ユヴァル・ノア・ハラリ)

について解説していきたいと思います。

 

 

 

 

本書の紹介

 「サピエンス全史」、「ホモ・デウス」の著者、ユヴァル・ノア・ハラリによって書かれた本。サピエンス全史では人類の「過去」、ホモ・デウスでは「未来」について書かれています。そして本書では過去と未来を踏まえた「」をどう生きるかということに焦点が当てられています。的外れな情報があふれ、正解が見えない今の時代を生き抜くには何を考え、何をしたらいいのか、そういったことが学べる一冊です。

私が本書を手に取った理由

・サピエンス全史、ホモ・デウスが抜群に面白かったから。

 

本書の感想や得た学び

21世紀が抱える問題点

 ホモ・デウスでも述べられているように、人類は飢饉、疫病、戦争というどうすることもできないような問題を乗り越えることに成功しました。これにより、多くの人が安全で平等な生活を送れるようになりました。そのため今後は人類が本格的に幸せの獲得と死の克服に取り組んでいくことになるでしょう。この二つを実現するためにはITとバイオテクノロジーの革命が必要不可欠となります。しかしこの双子の革命が生じたとき、自由主義は崩れ去り、平等なんて夢物語になることでしょう。

 ITとバイオテクノロジーの革命によって、私たちの多くが仕事を失う可能性があります。ここではIT革命だけでなく、バイオテクノロジー革命も並行して起こっているということが肝になります。今まで私たちはいくらITに仕事を取って代わられても、「直感」や「感情」に関する仕事には無関係だと考えていました。しかしバイオテクノロジーの革命よってサピエンスのアルゴリズムが分析され、「直感」や「感情」までも正確に分析できるようになるでしょう。そうなったときにどの分野の仕事が人間には残されているのでしょうか。

 またこれら2つの革命によって自由という考え方も崩壊する可能性があります。グーグルが自分よりも自分のことについて詳しくなったら、私たちは自分の選択を選ぶようになるのでしょうか。またバイオテクノロジーの革命によってアルゴリズムの分析が進めば自由そのものさえも変えてしまうことが可能になるのです。

 この革命で死を克服したり、集中力を向上させたりと超人を造り出すことが可能になるかもしれません。しかしその恩恵はお金をもったエリート層だけが受けられるものになるでしょう。そうなったときにエリート層と貧困層の差はさらに開き、平等な世界とはお世辞にも言えないものへとなっていることでしょう。

 

21世紀の難題にどう立ち向かうか

 上記の難題に立ち向かう唯一の方法は「謙虚さを持つこと」である。自分は世界の中心ではないことを知り、真実を見抜く力を持つことです。テロが起こったからと言ってパニックを起こし「世界中のいたるところにテロリストが隠れている」なんて考えないことです。

 自分が無知であることを知り、無知だからこそ様々なことを学んでいく姿勢を示す必要があります。自分の情報を売りながら質の悪いニュースを見るのではなく、質の高いう方を求めていく必要があります。

 

謙虚さを獲得するために

 教育において今大切なことは教師が生徒に情報を教えることではありません。本当に教えるべきは、情報の意味を理解する能力、情報を取捨選択する能力、そして上本の断片を結び付け、世の中を幅広くとらえる能力です。

 そして世の中のことだけではなく、自分自身に注意を向けることも大切です。瞑想をおこない、自分自身を観察する。世の中を繋ぎ合わせる力と自分自身を観察する能力が21世紀に求められる力だと思います。

 

今後の行動

・瞑想の質を上げる

 

メモ

2100年までには、1%の最富裕層は、世界の富の大半ばかりではなく、世界の美と創造性と健康の大半をも手に入れているかもしれない。 

 

知ろうと努力しない人は知らぬが仏の状態にとどまり、知ろうと努力する人は真実を見つけ出すのに大変な苦労をするように、現在の世の中はできている。 

 

自分の偏見を暴き、自分の情報源の確かさを確認するために時間と労力をかけるのは、私たち全員の責任だ。私たちは何から何まで自分で調べるわけにはいかないが、そうだからこそ、せめて自分のお気に入りの情報源くらいは念入りに調べる必要がある。

 

ニュース市場のモデルとして、費用が掛からないが注意と引き換えに低品質のものを手に入れるよりかは、お金はかかるが、注意を乱用しない高品質のニュースの方が優れている。