インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

評価されて初めて出世できる【社内評価の強化書】

 

 

おはようございます。

 

 

今回紹介する本はこちらです。

 

 

社内評価の強化書(森山謙介)

 

 

 

この本を読んだ理由

・はやく出世して一人前になりたいから

 

学び

・大前提として人事は実力「だけ」で評価してくれない。「評価エラー」が生じることは当たり前である。

・なによりも最初はスピード!入社1年目は絶対に断らないと決めておくことで返事のスピードの上がる。返事をしてもスピードが遅い「嫌なんだな」と思われてしまう。

・最速の返事とともに最速で仕事を終わらせる。

・財務とマーケティングの知識の二刀流で会社の内と外を理解する。

・経営理念について深く考えてみる。

・「報連相打根(ホウレンソウダネ)」を忘れない。順番としては「ネ・ダ・ソウ・ホウ・レン」が望ましい。

・「報連相打根」は最初のうちに徹底して習慣付ける。最初に習慣付けられなかったら地獄になる。

・自分の失敗パターンを知る(報連相不足など)

・失敗を記録し、よい失敗か悪い失敗かを確認する。

・名経営者の本を読んでみる

・「仕事に雑用はなく、雑にやった瞬間に雑用へと変化する」

・上司が叱りやすい部下になる。