インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

読書に脳を犯されていないか【読書について】

 

 

おはようございます。

 

今回紹介する本はこちらです。

 

 

読書について(ショウペンハウエル)

 

 

 

この本を読んだ理由

・今まで本はたくさん読んだ方がいいと考えていたが、その考えとは真逆のことを言っている本で興味がわいたから

 

学び

ギクッとさせられる言葉がたくさんあった。

愚か者の頭には、雑多な本の山が詰まっている。

だから彼は永遠に読みつづけ、けっして読まれることはない。

 本をたくさん読んでいるからこそ自分で考えることができなくなる。

読書の方向性を改めて考えなければいけないなと思った。

読書は「僕はこうやったよ」とヒントを教えてくれるだけで、近道を教えてくれるわけではない。なので自分なりに消化することは必ず必要なことである。

また本を書く人が全員「みんな幸せになってもらいたいから僕の知識を使って」と考えているわけではなく、ビジネスとして行っている人もいると念頭に置く。

売れる本を書くには、安い内容に飛びつく愚か者向けの文の方がよく売れる。

そのため本来素晴らしいはずの古典が捻じ曲げられて伝えられたりする。

自分が気持ちよくなれるような読書はやめなければいけないなと思った