インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

そうだ、年収1億円になろう。【年収1億円になる人の習慣】

 

 

おはようございます。

 

今日はこんな本を読んだので、皆さんに紹介します。

 

 

年収1億円になる人の習慣(山下誠司)

 

年収1億円になる人の習慣

年収1億円になる人の習慣

  • 作者:山下 誠司
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

この本を読んだ理由

・成功している人の考え方を学ぶため

 

学び

・仕事が遅いことはその人の能力なので多少はしょうがない。しかしスタートが遅いことは仕事に対する姿勢の問題である。仕事の速さで重要のことが決まる可能性があることを念頭に置き、フライングする勢いで仕事を行う。

・注意をする場合は午後ではなく午前。朝に注意をすることでそのあとのフォローも行うことができてわだかまりを残すことがない。「朝に現実を語り、夜に夢を語る」

・「リーダーは車であり、社員は歩行者である」上の立場にいるものは衝突が生じた際、一歩引く必要がある。歩行者が信号無視をしていても、轢いてしまった場合、責任は車が100%になるのだから。

・長所と短所は同じ数だけ見つける。これに偏りが出ると、うそっぽかったり、厳しすぎたりする。

・お金で買えない幸せと同様、お金で食い止められる幸せもある。お金を稼ぐことを汚いことだと思わない。

・大切な1つのことのために必要のない9を譲る器を持つ。

・上司の誘いを断らないという考え方ではなく、「尊敬する」上司の誘いは断らない。学びがある場には何が何でも行く。

 

今後の行動

・新入社員らしく全力で仕事をする。なによりもスピード。毎朝早く起きて出社する。