インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

欲と危機感をもつ【「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術】

 

 

おはようございます。

 

今日はこんな本を読みました。

 

 

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術(佐藤孝幸)

 

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術

  • 作者:佐藤 孝幸
  • 発売日: 2010/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

この本を読んだ理由

・「要領がいいと言われる人」というタイトルに惹かれたから

 

実際に読んでみて

時間を効率よくつかうには、欲と危機感が必要不可欠である。そのため期限を設けることが効果的。「何のためにやっているのか」「いつまでにやるのか」を考えることが重要である。

また「もしかしたらよくなるかも・・・」と考えるものはたいていよくならないので早めの損切を行う勇気が必要である。

 

今後の行動

・もう時間術に関する本は読まない(大体書いてあることが同じなため)