インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

破壊と生

 

 

おはようございます。

 

以前のブログに書いたコインロッカーベイビーズの下巻を読んだので感想を書いていきます。

 

 

 

コインロッカーベイビーズ 下 (村上龍

 

 

 

破壊は生きることであり、生きることは破壊である。

通常では矛盾するはずの二つがイコールで結ばれることが面白く感じました。

 

私はこの本を読み始めたとき、コインロッカーで産まれるという悲しい過去がこのような2人の少年を生み出したと思っていました。

 

しかしこの少年たちと私たちは何が違うのだろうか。

私たちが生きている社会もコインロッカーと何ら変わりないのではないだろうか。

 

 

ダチュラダチュラ

 

私たちはこの言葉を毎日唱えながら生きている。

 

 

生を強く意識してしまう本でした。