インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

言葉はこんなにも美しかったのか

 

 

おはようございます。

 

私が本を好きになったきっかけは夏目漱石の「こころ」を読んだことでした。

 

今までほとんど本を読んだことのなかった僕に新しい世界を見せてくれた思い出の本です。

 

そして様々な本を読んできましたが本当に久々村上春樹さんの小説を読みました。

 

スプートニクの恋人

スプートニクの恋人

スプートニクの恋人

 

 

 

高校生の頃「ノルウェイの森」と「海辺のカフカ」は読んだことがあったのですが高校生の僕には難しく、そのせいか苦手意識を持っていました。

 

しかし改めて大人になった今村上春樹さんの小説を読んでみると「こんなに美しい文章を読んだのは久しぶりだな」と思えるほどでした。

 

なんというか大衆文学のように物語に大きな波があるわけではないのに、すらすらと読めるし頭に入ってくる。

稚拙な僕の頭では上手く言い表すことのできないような感覚を覚えました。

 

 

印象に残った言い回しをメモに取って何度も見たくなるような感じです。

 

 

もっといろいろな小説を読んでみたいと思いました。

 

 

 

今回はこのへんで

ではでは