インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

恋とか愛とか

 

 

おはようございます。

 

みなさんはどのような恋愛観を持っていますか。

一人の人と深く愛しあいたい。遊びたい。多くの人と同時並行の恋愛をしたい。

 

正直僕は「一人の信頼できる相手と長く愛しあっていたい」と考えていました。

 

しかしそういった考え方が180度変わるような本を紹介します。

 

 

僕は愛を証明しようと思う。(藤沢数希)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)

 

 

 

かなり有名な本なので皆さんも読んだことがあるのではないでしょうか。

 

ざっくり言うと、彼女に捨てられモテない男がめちゃくちゃモテる人に恋愛工学を学びモテ男になる、といった話です。

 

恋愛工学というのは恋愛を生物学や心理学に基づいて理論的に考えるといったものです。

 

 

この本を読んで思うことは「自分は本当に一人の女性を愛したいのか。本当はモテまくりたいんじゃないのか。」ということです。

 

モテたことがないから純愛を信じているのか。

ウソップ童話の酸っぱい葡萄の話のように。

 

遊んだことがない人に遊んでいる人を否定する権利がないように、どっちも知らないと片方を支持することができないと思います。

 

 

いろんな経験をして自分の考えを持てるような人になりたいと思います。

 

 

 

今回はこのへんで

ではでは