インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

与えよ、さらば与えられん

 

 

おはようございます。

 

突然ですがみなさんは次の3つのうちどれに当てはまると思いますか?

①ギバー(人に惜しみなく与える人)

②テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)

③マッチャ―(損得のバランスを考える人)

 

おそらく多くの人は3番のマッチャ―だと答えるのではないでしょうか。

なにを隠そう自分もマッチャ―だと思います。

 

だってその方が損せず成功できそうだから。

 

 

そんな僕の考えを180度変えた本を紹介します。

 

 

GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代(アダム・グラント)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 

 

この本には真の成功者は1番のギバーであると書かれています。

 

その理由として1つ目は相手の幸せを本当に願ってアドバイスすることで、自分が困ったときに助けてくれる。そしてそれは会ってない期間が長かったとしても。

 

2つ目は自分のやりたいことを聞いてもらいやすくなるということ。これは自分の利益だけを考えた提案ではないことが相手にはわかっているからである。

 

3つ目はみんなに応援されながら上へあがれることである。テイカーは上へあがる度妬まれるがギバーにはその心配がない。

 

しかしギバーには大きく分けて2種類ある。

「成功するギバー」と「踏みにじられるギバー」だ。

 

これは他者指向か自己犠牲かの違いである。

成功するギバーは他者指向府型で相手に与えながらも自分の目標を見失わない。

しかし自己犠牲型のギバーは自分自身には無頓着なのである。

 

そのためテイカーにあしげにされる。

ではどうすべきかといったこともこの本には書かれています。

 

 

 

私は正直本当のギバーになれる気がしません。

どこかでマッチャ―の部分が出ると思います。

しかし自分のノウハウをみんなに伝え、自分のミスには厳しく、相手のミスには寛大になれるよう努力したいと思います。

 

 

実際の事例が数多く書かれていて読みやすかったです。

 

 

 

今回はこのへんで

ではでは