インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

ミスコミュニケーションを防ぐために

 

 

おはようございます。

 

普段生活をしていて、自分はちゃんと伝えているのに相手には全然伝わっていないこととかありませんか。

 

今回はそういったミスコミュニケーションを防ぐためにお勧めの本を紹介します。

 

 

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション(山崎啓支)

 

マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション
 

 

この本には「言ったのに伝わっていない!」といった現象を防ぐ方法が書かれています。

 

ミスコミュニケーションが起こる原因は大きく分けて3つあります。

 

1つ目が頭の中の体験を短くするために生じる「省略」です。

 

2つ目は個人のフィルターが通された「歪曲」です。

 

3つ目は1つの事象が例外を持たないように考えられる「一般化」です。

 

 

このような3つの事柄は普段のコミュニケーションをわかりやすく、そして短くするためには必要です。

 

しかしビジネス場面などではできるだけ正確に情報を交換する必要があります。

 

そのためこのような自分と相手の情報にギャップがあることをしっかりと認識し、コミュニケーションの中でそのギャップを埋めるために質問をしていく必要があります。

 

 

そのためのテクニックがいくつかこの本に紹介されていましたが、僕はテクニック云々より、「自分と相手の情報にはギャップがある」と意識しておくことが一番重要だと感じました。

 

 

 

今回はこのへんで

ではでは