インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

プレゼンとは退屈なものである

 

 

 

おはようございます。

今回は「TED 驚異のプレゼン カーマイン・ガロ著」を読んだのでブログに書いていきます。

 

まず「プレゼンとは退屈なものである」というこのブログの題名について。

 

これは「本来」のプレゼンは観客にとって退屈なものであるためスピーカーが努力を積まなければ良いものにはならないということである。

 

そのためには情熱やストーリー、驚きなどが必要となってくる。

 

それがこの本に書かれている。

 

 

まずプレゼンの大前提として、自分が伝えたいメッセージに情熱をもつと言うこと。

 

仕方なくプレゼンをするのではなく、伝えたいことがやっと伝えられる!という考え方をもつ。

 

そしてただデータをだらだら述べるのではなく、聞き手を引きつけるようなストーリーも一緒に述べること。

 

これがプレゼンの基本となってくる。

 

 

そして歓喜が知らないことや驚きの瞬間、時にはユーモアを交えて今までにないプレゼンを演出する。

ステージに蚊を解き放ったビルゲイツのように。

 

そして聞き手の記憶に残してもらうため聴覚だけでなく五感を刺激する。

 

 

これからはTEDをみてプレゼンの勉強をしていきたいと思います。

 

 

今回はこのへんで

ではでは

 

 

 

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則