インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

一流と二流は何が違うのか

 

 

 

おはようございます。

今回は「世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた ムーギー・キム著」を読んだのでブログに書いていきます。

 

この本には投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティといった4つの業界でトップエリート達はどのように働いていくのかが書かれています。

 

それぞれを簡単にまとめると、仕事術、コミュニケーション、全体を読む力、信頼に焦点が置かれています。

 

 

この中で僕はコミュニケーション、その中での聞く力と信頼の章が興味深かったです。

 

 

まず聞く力について、コンサルは人を動かす力、すなわち話す力が重要かと思いきや、それ以上に聞く力が大事であるそうです。

 

人の話を聞いて、問題点を見つける。

このときにもうすでに相手がわかっている問題点ではなく「そう言われてみれば!」ということを考える。

ゴリ押しではなく常に相手の問題解決を意識した提案を行う。

「みんな同じようにしてるのではなく、私にだけ特別」

と思ってもらうことが大切。

 

また普通の会話でも当たり障りない質問をするのではなく、一流ホステスのような相手が喜ぶ質問、そして聞き方をする。

 

 

次に信頼について、その場しのぎのリップサービスは行わない、これが重要である。

 

間違いがあったら素直に認め、わからないことがあったらわからないと言う。そういったことが信頼の獲得に繋がっていく。

 

できないことをできるといって期待値を下回るより、期待値をあらかじめ下げておいて上回るほうが良い。

 

 

学ぶことがたくさんあった本でした。

 

 

 

今回はこのへんで

ではでは