インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

カラヴァッジョ展に行ってきました

 

 

おはようございます。

今回は現在あべのハルカス美術館で開催されている「カラヴァッジョ展」にいったので、その中で面白いと思った作品3つをブログに書いていきます。

 

 

① 聖セバスティアヌス カラヴァッジョ

なんというか何も支えるものがなく不安定な感じ。何本も矢が刺さっているのではなく、一本だけというところが逆に痛々しさを感じさせる。カラヴァッジョが得意な光と影がはっきり分かれている作品。

 

② 法悦のマグダラのマリア カラヴァッジョ

いけない瞬間をみてしまったようなそんな一場面を描いた絵。カラヴァッジョ展のポスターにもなっているもっともカラヴァッジョらしい作品だと感じた。

 

③ 子どもの顔あるいは幼い洗礼者ヨハネ カラヴァッジョ

そのまま闇に入っていってしまいそうな儚さがあった。暗い。ただひたすら暗いけど思わず目を奪われてしまうような作品。

 

 

絵画における光と影を堪能できる展示会でした。

 

 

今回はこのへんで

ではでは