インテリマッチョへの道~知識アウトプットブログ~

筋トレが大好きな新卒サラリーマン。知的で色気のある生き生きとした大人になるべく、読んだ本や学んだことをアウトプットしていきます。

祝祭と予感

 

 

おはようございます。

 

 

今回は「祝祭と予感 恩田陸著」を読んだのでブログに書いていきます。

 

この本は映画にもなった「蜂蜜と遠雷」のスピンオフ作品です。

 

僕は「夜のピクニック」を読んでから本当に恩田陸さんの作品が大好きで、読み終わった後心が落ち着くような感じがたまらないです。

この作品は「文字がきれい」と感じるもので、まるで自分がその場にいるような感じがします。

 

 

あとこれは僕の好みの話なんですけどスピンオフ作品の「あーーここがつながっているのか」というのがすごく好きで、朝井リョウさんの「何者」のスピンオフ「何様」でも同様のことを感じました。

 

 

いやー面白かったです。

 

ではでは。

 

 

 

祝祭と予感

祝祭と予感

  • 作者:恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 単行本